視力低下の原因、コンタクト、レーシック、口コミ案内

視力低下遠視ってなんだろう?

視力低下遠視とは年代別に分かれます。
まず、8歳未満は眼の調節する筋肉が未熟なため強度の遠視では視力が低下してしまいます。

次に、8歳〜40歳までの眼は高い調節力をもっているので
遠視がもしあったとしても調節によってピントを合わせられます。
なのでこの年代で遠視から視力低下は起こる確率はかなり低いです。

最後に40歳以降の眼は水晶体の調節にかかわるレンズが硬化することで
徐々に調節力が落ちてしまいます。
これが老眼の症状ですが、遠視の人は近くを見るときに視力低下を訴えることもあります。

視力低下遠視は8歳未満と40歳以上の人に起こりやすいと言うことなので
気になる症状があればすぐに眼科で受診しましょう。





視力低下弱視ってなんだろう?

視力低下弱視とは非常に視力が弱い状態で矯正できないものをいいます。

この弱視にはタイプが2つあり、1つ目は医学的弱視、2つ目は社会的弱視になります。

医学的弱視は幼児期に斜視などがあり、発育が抑えられたためになると考えられていて
矯正視力が0.3未満だと、弱視教育の対象になります。

社会的弱視は眼の病気になります。

医学的弱視に関しては対応策として生後ある期間まで、適切に視覚刺激を与えることで未然に防ぐげます。
 
社会的弱視に関しては眼の病気が原因となりますので防ぐ方法がありませんが
眼病予防をすることで弱視予防にも繋がります。

以上ですが、視力低下弱視だと疑う症状がありましたらすぐに眼科を訪れましょう。







子供の視力低下の原因ってなんだろう?

子供の視力低下の原因はおもに、姿勢の悪化、栄養の偏り、
長時間のゲーム、運動不足などが挙げられます。

まず姿勢の悪化は、人間の目は水晶体を毛様体が調節して、伸ばしたり、ちじめたりしてものを見るのですが、その調節を邪魔します。
その結果、調節する毛様体が働かなくなりピントがずれた状態になり、ぼやけた視界となって見えます。
最近ではDSなど下を向いてゲームなどすることでの姿勢の悪さが気になります。


栄養の偏りでは偏食によって、目に必要なビタミン系やカルシウムなどが
適度にとれない事が子供の視力低下の原因にもなります。
判りやすく言えば子供が嫌いなレバーとか牛乳を飲むことで摂取できます。
 

特に子供の時の姿勢などの影響は成人になっても継続する確立が高いので
常に姿勢には意識を持たせることが心がけましょう。








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。