視力低下 遠視 - 視力低下の原因、コンタクト、レーシック、口コミ案内

視力低下遠視ってなんだろう?

視力低下遠視とは年代別に分かれます。
まず、8歳未満は眼の調節する筋肉が未熟なため強度の遠視では視力が低下してしまいます。

次に、8歳〜40歳までの眼は高い調節力をもっているので
遠視がもしあったとしても調節によってピントを合わせられます。
なのでこの年代で遠視から視力低下は起こる確率はかなり低いです。

最後に40歳以降の眼は水晶体の調節にかかわるレンズが硬化することで
徐々に調節力が落ちてしまいます。
これが老眼の症状ですが、遠視の人は近くを見るときに視力低下を訴えることもあります。

視力低下遠視は8歳未満と40歳以上の人に起こりやすいと言うことなので
気になる症状があればすぐに眼科で受診しましょう。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。